フットマス主催交流大会[U-12](2020.11.28,29)

CLUB FOOT+(フットマス)さんからお誘いいただき、泉サッカー場で開催された交流大会に参加しました(U-10と同時開催)。

U-12選手権での敗戦からどこまで力をつけることができているのか、腕試しです。

 

予選リーグBグループ(15分ハーフ)

① 大野田FC 〇 4 – 0 ● 吉成・大沢合同

細かいパス交換や逆足でのキックにも果敢にチャレンジし、得点を重ねて緊張の初戦で勝利。

特に4点目は練習どおりの綺麗な形が出たゴールを見せてくれました。

 まずは守備から守備から、しっかり奪いにいきます

 ピッチを広く使って組み立てます

 

② 大野田FC ● 0 – 1 〇 S.K SC

技術で勝る相手に堅い守備からカウンターを狙う展開でしたが、プレッシャーが早く最後のところでクロスを上げきれず、シュートを打ち切れず・・・

ゴール前の混戦から押し込まれ失点、必死に追いつこうと攻撃を続けましたが惜敗です。

 早いプレスにボールを奪われます

 スライディングをかわし、ボールを運びます

 

③ 大野田FC △ 0 – 0 △ 愛子SSS

3試合目で疲れが出たのか、攻守ともちぐはぐなプレーが続きました。

勝ち点で並ぶも何とか得失点差でグループを2位通過。気持ちを入れなおして準決勝に臨みます。

 味方をフォローしてチャンスを広げます

 得点を目指して前へ、前へ

 

決勝トーナメント(20分ハーフ)

準決勝 大野田FC ● 0 – 1 〇 Acジュニオール

準決勝の相手は強豪Acジュニオール。かなりの劣勢が予想されましたが、試合前から選手たちの気持ちは高ぶっていました。相手は同年代、強い気持ちで戦いを挑みました。

新たにチャレンジした組織的な守備、時には体をはったプレーでゴールを守り続けましたが、終盤に一瞬のスキを許して失点。

それでも下を向くことなく、最後まで集中を切らさず追加点を許さなかったことは自信につながると思います。

 気迫のこもった守備を続けました

 少ないチャンスながら、ゴールを狙います

 

3位決定戦 大野田FC 〇 13 – 1 ● CLUB FOOT+

準決勝で悔しさとある程度の自信をつけた選手たち、守備・攻撃ともバランスがよく、多彩なパターンで大量得点、快勝で3位フィニッシュです。

 追加点を狙い、攻め続けます

 CKからも4得点、練習の成果が出ています

 

次の目標はヒロカップ予選通過、チーム一丸で戦います!!