大野田サッカースポーツ少年団

仙台市太白ブロックの大野田サッカー少年団のホームページです

平成25年3月23日、大野田サッカースポーツ少年団の卒団式が行われました。
場所は、大野田コミュニティセンター。

 

今年は、6年生4人が大野田を巣立って行きました。

いずれも個性的な選手ばかりです。

sotudan4ninn

ゴールを量産するテクニシャンのK君。

ロングキックと当たりの強さで勝負のY君。

足腰のしなやかさと冷静な判断でチャンスを作るE君。

試合の最後まで走り続ける大野田のダイナモM君。

 

この4人は3年生、4年生の時に入団したのですが
当時は団員も少なく、4年生なのに6年生チームと戦う日々が続きました。

当然試合はボロ負け。

でも、この4人はサッカーが大好き!大野田が大好き!
負けても負けてもチャレンジし続けました。

サッカーは勝ち負けじゃない。今は勝てないけど、来年、再来年を
目指して今は目の前の試合に本気で取り組む。

その努力の甲斐があって、6年生になった春から実力を発揮。
全日本は惜しくも県大会出場を逃しましたが、最後の最後となる
太白区長杯では、見事、3位という結果でした。

トップ、中盤、バックラインそれぞれに散らばった6年生は
持ち場での力を十分に発揮しました。

中学生になってもそれぞれの道を歩む4人ですが
大野田サッカースポーツ少年団で培った「諦めない気持ち」で頑張って欲しいです。

 

そして、3月は別れの季節でもあります。
大野田地区は、転勤族が多いので、転勤で入団する子もいれば
6年生を待たずに転勤で大野田を去る子もいます。

4年生のH君。
この3年間ありがとう。
君のおかげで、チームは勇気をもらった。
誰も引き受けないGKを引き受けてくれたからこそ、県大会で優勝することが出来た。
転勤先でも、そのチャレンジスピリットを発揮して欲しい。

 

6年生の巣立ち、4年生との別れ。
しょっぱい卒団式でしたが、保護者の方々の準備のおかげで無事に終了。

sotudandanin

 

アーチをくぐる選手と保護者には笑顔が溢れていました。

ありがとう!

いつでも、大野田に遊びに来い!

 

この日の午前中、小松島さんとの「卒団記念練習試合」が行われました。
卒団生のショットです。

sotudankomatusima2013

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL

ページ上部に